FANDOM


及川 徹(おいかわ とおる、Oikawa Tooru)は漫画『ハイキュー!!』に登場する架空の人物。

人物編集

青葉城西高校 3年6組。バレー部主将。影山 の中学時代の先輩にあたり影山がプレイの手本にしたほどの実力者。中学最後の大会ではベストセッター賞を獲得しており、選手それぞれの性格や特徴を活かす「スパイカーの力を100%引き出せるセッター」として牛島 からも一目を置かれてる県内トップクラスのセッター。しかし、その実力は及川本人の努力の賜物であり、天才と呼ばれる人間に対してコンプレックスを抱いている。そのため、影山に大人気ない態度を取ったり「天才ってムカつく」といった発言が多々見られる。女子人気が高く、普段は女子と戯れている姿が多々見られ、その都度岩泉 からボールを投げられているが、試合ではガラリと性格が変わり、すさまじい集中力とカリスマ性を見せつける。座右の銘は「叩くなら折れるまで」。

性格編集

そのプレイスタイルからもわかるとおり、相手の嫌な所を突くのが得意で一言で言うなら「性格が悪い」。その性格の悪さは同タイプの月島以上だとされている。

家族編集

猛(たける)という甥がいる。

プレイスタイル編集

超攻撃型セッターとして、レシーブが苦手と判断した相手をサーブで狙い撃ちしたり、ツーアタック、スパイクモーションからのセットなど性格の悪さがにじみ出るほどに、相手を翻弄しつつ弱点を突くスタイルが特徴。また、他の選手の個性を活かし、戦況を見極める冷静さと知能も兼ね備えている。

殺人サーブ編集

抜群の威力とスピード、コントロールを兼ね備えたジャンプサーブは中学時代影山も見本にしたほど。

阿吽の呼吸編集

バレーを始める前からの付き合いである岩泉とのコンビプレイは『阿吽の呼吸』と絶賛されるほど。ハイキュー!!ファンからは『阿吽コンビ』『一徹コンビ』と称されている。

呼ばれ方編集

トリビア編集

  • 牛乳パンが好物
  • 「烏野のマネちゃんに声かけたらガン無視された(けどきっと照れてただけだし別に全然気にしてなんかない全然別に)」ことが最近の悩み
  • 部屋は和室
  • アレキサンダー大王と同じ誕生日
  • アニメでは八木山ベニーランドのテーマソングや、東北楽天ゴールデンイーグルスの応援歌を鼻唄で歌っていた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。